賢くスマートに貸し会議室等を利用するなら|ビジネス加速しま専科

会議室

メリットを知る

起業して新しくビジネスを始めるという時は最低でもオフィスを構える必要があるだろう。ただ最近はPC1つでビジネスを始めることが出来るようになっているため、必ずオフィスが必要になるということでも無い。しかしある程度の規模になってくるとやはりオフィスを構え、組織として運営していくことが必要になってくる。オフィスを構える手段はいくつかあるが、最も一般的な方法として賃貸オフィスがあるだろう。賃貸オフィスとは賃貸マンションなどのように、一定の賃料を払って利用するオフィスである。賃貸オフィス以外の方法としては自社ビルがあるが、自社ビルと賃貸オフィスではあらゆる規模が大きく異なってくる。自社ビルの一番のメリットはまず長期ビジネスをする時に有利になってくる。ビルを構えてしまえばこのビルは不動産資産になり、起業の所有物にすることが出来る。物理的な制約も減らすことが出来るだろうし、また自社ビルを担保にして金融機関からビジネス上で必要になる資金を得ることも出来るだろう。ただ自社ビルは初期費用が高く、またある程度大きな起業でないとまず構えることは出来ない。
一方賃貸オフィスの場合は選び方によってスタートアップの企業であっても利用することが出来る。賃貸マンションと同様に広さを自由に選べるため、企業の成長によって徐々に移転していくことも容易だろう。初期投資が少ないというのも賃貸ならではの魅力でもある。しかし自社ビルのように不動産資産にすることはまず出来ないだろうし、同じ期間ビジネスを続けた場合のトータル支出はどんどん差が開いてくる。どれを選ぶかは企業モデルによっても異なるだろうし、ビジネス規模によっても異なるためケースバイケースになってくる。どちらもメリットがあり勿論デメリットもあるため、しっかり考えていく必要があるだろう。賃貸オフィスのメリットと自社ビルのメリットについて詳しく知りたいまたアドバイスを貰いたいという場合は起業コンサルタントに相談してみるのも良い手段だろう。起業コンサルタントは様々な起業に関するノウハウを持っていて、企業にあった最適な方法を提案してくれるだろう。起業コンサルタントを行う起業も探せばそれなりに見つけることが出来る。賃貸オフィスと自社ビルの選択が五分五分という場合は、こういったプロのアドバイスを参考に選んでみるのもいいだろう。